前回、前々回と心の構造について書いてきましたが、「頭」「潜在意識」といった、心のさらに奥深くには、もう1つの層があります。つまり、心は三層構造になっているのです。

そして、この一番深いところにある三層目の心、「頭」でも「潜在意識」でもないものが、あなたの内なるダイヤモンドのような「本当の自分」であり、さまざま問題を解決するカギなのです。

ワークショップ開催のお知らせ

本当の自分を知る

最も奥にあるこの心を「本当の自分」と呼んでいます。本当の自分は「愛そのもの」の心と言ってもよいですし、「喜びそのもの」「感謝そのもの」、また「宇宙意識」と言ってもよいですし、「内なる神の心」とも言えます。

完璧で完全な何1つ迷ってないすばらしい心です。以前の記事で「人間は記憶でできている」と言いましたが、本当の自分は宇宙の記憶とも言えます。

実際、本当の自分の心は、古くから多くの言葉で呼ばれています。
「仏性」でも「内なる神」でも「実相」でも「光そのもの」でも、あなたはどう呼んでもよいのです。

そして、この奥底にすでにある本当のあなた、オリジナルのあなた、後から付け加えたのではない、あなたの本体なのです。

この本当の自分が、あなたの内なるダイヤモンドなのです。

この本当の自分は心のも最も深い部分に「すでに」存在しています。いままでも存在したし、これからも存在しつづけます。

もちろん、いま、この記事のこの文章を読んでいる瞬間にも、間違いなくそこに存在しており、どんな人の心の奥にも共通して存在しているのです。

完全で完璧で、何1つ迷っていない心。すでに愛している、すでに喜んでいる、すでに感謝している心。全体の心、1つの心です。

この本当の自分については、そういう自分がいる、と言われても、いまの段階では実感もなく、理解し難いことでしょう。

たとえるならば、生まれてからずっと空が曇っており雨が降っていたとしたら、その雲の上に常に太陽が存在し、光り輝いていると言われても信じられないようなものです。

ダイヤモンドの原石も、何も知らない人が見れば単なる石ころ、汚い石に見えるでしょう。しかし、そのうちには、光り輝くダイヤモンドが間違いなくすでに存在しているのです。

インプットではなく、アウトプットする

本当の自分は、後から、外から付け加えるような思想でも教えでもありません。あなたの最も深い心にあるダイヤモンド、本音中の本音の心なのです。

外から入れる教えでも考え方でも思想でもないのですから、当然何かをインプットする必要は一切なく、ただアウトプット、つまり引き出せばよいのです。

「本当の自分」に出会い、引き出すには、ちょうど石油や温泉を掘り当てるがごとく、三層構造になっている心をボーリングするように掘り進めていきます。奥底に潜むダイヤモンドめがけて掘り進めて行くのです。

そして、最後のひと堀を「トンッ」と突いたら、一瞬で石油や温泉が湧き上がるように、輝くダイヤモンドの光があふれ出し、瞬時に全身が、「愛そのもの」「喜びそのもの」「感謝そのもの」の心、いえ、言葉の表現をはるかに上回るすばらしい「本当の自分」の心で満たされます。

魂の底から本当の自分を体感できるのです。理解ではなく、体感するのです。

潜在意識や業の心を闇にたとえたら、本当の自分は光です。真っ暗闇の部屋に電気をつけるように、本当の自分という光が業という闇を一瞬で光に変えます。

たとえ昨日できた暗闇だろうが、一億年前からある暗闇だろうが、光を当てれば闇は一瞬で消えるのです。

業の心をただの石ころとすれば、外からインプットして入れたよい教えは、まったくのイミテーション、つまり「作り物のダイヤモンド」のようなものです。

しかし本物のダイヤモンド、すなわち本物のプラス思考、積極思考、愛、喜び、そして感謝を、あなたはもともと知っているのです。知っているどころか、あなたの本体がその心なのです。

もともと在る自分に戻るだけです。気づくだけなのです。もともと在るのですから、学ぶのではなく、出すだけでよいのです。

「プラス思考」「積極思考」「愛」「感謝」と言葉にすれば同じですが、頭で理解するのと、全身で体感して気づくのとでは天と地ほどの差があるのです。

精神世界の本を読めば「人は神そのものである」という教えもたくさんあります。しかし、それを頭で理解したからといって、そのことを悟ったとはいえません。

実際に「神そのもの」を体感して初めて神の自覚へ至り、本当の悟りと言えるのです。

あなたの現実はどう変化するか

あなたの見ている現実は、あなたの心の反映であると以前の記事で述べました。

この本当の自分の心があふれんばかりに出てきたら、あなたの現実がどう変化するか想像できますか?

あなたの内にある「愛そのもの」「喜びそのもの」「感謝そのもの」完全で完璧な「本当の自分」を全身で体感したとき、あなたの心が一瞬にして変わります。

もし、あなたがいま、無気力でやる気が出ない状況にあれば、仕事の意味を見いだし、あなたの能力を開花させ、心から楽しんでその仕事に取り組めるようになります。
また、全体から見て、あなたのすべきことが明確になり、導かれるようにやりがいのある仕事、本当の天職に導かれます。

もし、あなたが、何かの問題を抱えて目の前の壁に行き詰まり、どうにもならない状況にあるとしても、複雑にからみあい、もつれた糸がパラパラとほぐれていくように解決していきます。
仕事や経済面であれ、人間関係であれ、家庭・夫婦・男女関係であれ、健康面であれ、問題の種類は問いません。

なぜ、問題の種類を問わないのか?

それは、何かを問題として捉えて悩んでいるのもあなたの心であり、実際に問題を引き起こしている原因もあなたの心だからです。

つまり、心が変われば、捉え方が変わり、そのことで現実が本当に変わっていくのです。

このことを、約20年間にわたり、30000以上の人々の実例を見ながら確かめてきました。どこかで学んだり、勉強したりしたのではなく、人がすばらしく変化していく姿を現場で見てきたのです。

では、私たちは、ダイヤモンドのように光り輝く「本当の自分」を確実に体感し、現実生活に生かすために、いったいどうすればよいのか。次回は、心を掘り進め、本当の自分を引き出す手法について、お話しします。

※このコンテンツは当グループ代表佐藤康行著書「ダイヤモンドセルフ」をAilandgate特別版としてお届けしております。