過去にいろいろあったから…人生がうまくいかない。将来が不安。そういった不安から人間関係にまで影響してしまうこともあります。さまざまな悩みや問題が人を苦しませています。こういった悩みは、過去、現在を通してずっと付きまとい、未来さえも明るく照らしません。

それでは、過去が良くなかったら未来もよくならないのでしょうか?その答えは「NO」です。過去や現在関係なく人生を変える方法があります。しかもその方法は難しくありません。なにか特別な方法をとる必要もありません。

人生を変えるために、行動をたくさんする必要はありません。たくさんの本を読んだり、旅をしてみたり、環境を変えてみたり、自己啓発を試してみたり。どれもきっかけとしての効果はあるのかもしれませんが、もっと劇的にあなたの人生をよくする方法が、あなたの存在意識の奥に存在しているのです。

あなたの人生をよくする種はあなたの中に存在します。では、どうやってその種を咲かせれば良いのでしょうか?その答えはある言葉をあなたの人生に話しかけるだけです。たったこれだけで、あなたの人生は良くなります。

人生をよくするための方法

  • もう自分の未来は決まってる…
  • 私には明るい未来はない…
  • 全部過去のせいだ…
  • 未来を変えるなんてできない…

過去がよくなかったから。現在がよくないから。だから未来も良いはずがない。こんな風に思ってしまう人もいるものです。

もしも、過去や現在がよかったら、未来も良いと思えるでしょう。でも過去は変えられないし、現在をすぐに良いことに変えるなんて出来ない…そうお考えではありませんか?

今この瞬間に、過去と現在が良くないと思っている人でも、それを良かったことに変えられるのです。その方法はとても簡単です。「真実」を知れば、過去や現在は変えれるのです。

そして、過去や現在が変われば未来も良くなります。

この具体的な方法があればお知りになりたくありませんか?

お悩み解決シリーズ【言葉を変える法則】三つ目は、人生に語る言葉を変える法則です。

この、お悩み解決シリーズは、順序を得て読んでいただけると、悩みの解決をより分かりやすくしてくれます。 まだご覧になられていない方は、下記のリンクをお読みください。悩みとはから始まり、各話の目次となっております。

人生を変える言葉をかけてみよう

言葉には力があります。それは、人に語る言葉でも、自分に語る言葉でも同じです。人に語れば、人を動かし、自分に語れば、自分を動かします。そして、人生そのものに語りかければ、人生全体を動かすのです。

あなたの人生を変えるために、ぜひ、あなたの人生そのものに語りかけてください。そうすれば、あなたの人生も動き出します。

人生の中で、私たちは様々な出来事、状況に常に直面しています。そのたびごとに、

「何で、こうなっちゃったんだろう…」と言った「過去」に起きたことに対する後悔ばかりの言葉。

「つらいなあ、苦しいなあ……」と言った「現在」の状況に対する不満やグチの言葉。

そして、「このままじゃ、きっと最悪の状況になっちゃうなあ……」などの、「未来」に起きるであろう出来事への不安や心配の言葉。

こんな受け止め方を、そのまま言葉にあらわしていったら、あなたの人生はますますあなたを「悩ませる」方向に動かしかねません。

そこで、この【人生に語る言葉を変える法則】を使ってください。これを使って生きる人生と、使わずに生きる人生では、まちがいなく雲泥の差が出ます。それほどの効果があります。声に出しても、心の中でもかまいません。

次のように言ってみてください。
「過去」起きたことには、「これで良かった!」
「現在」の状況には、「ありがたい!」
「未来」に対しては、「だから良くなる!」

何かが起こったら、まずこの言葉を言ってください。すると、この言葉の力が、あなたが目の前の出来事を自分勝手に解釈するのを阻止します。そして出来事の本当の意味、真実がより深くわかります。

どうして言葉を変えると真実が?

たとえば、何かあって「失敗したなあ」と感じたら、すかさず「これで良かったんだ!」と言ってみるのです。すると、
「そうだよな。これによって自分の人生の幅も広がったし、成長のチャンスが与えられたんだよな」
「こうならなかったら、一生気づかなかったようなこともいろいろあるな」と、出来事の奥にある真実が見えてきます。

今あなたは、家庭や職場の状況に対して「愚痴」や「不満」ばかりを言っていないでしょうか?「何で、こうなんだ」「こうなればいいのに……」
でも、そうやって、「愚痴」や「不満」が出てきそうになったら、すかさず「ありがたいなあ」と言ってみましょう。
すると、「そうだよな。この出来事が自分を鍛えてくれるし、張り合いがあるじゃなか」とか、「ああ、この状況を解決するために自分がいるんだ。役割なんだ。使命なんだ」というような真実が見えてきます。

そして、現状から想像して、まだ起きもしない「未来への不安」が湧き上がってきたら、「だから良くなる」と言ってみましょう。「これが、あったから、今後も気をつけられる」「この経験があるから、こういう分野で人を導けるんだ」「こういう状況だから、この勉強をするんだ」

そうなのです、今、目の前に起きているのは、あなたが人生から享受できる莫大な財産の「種」なのです。これら「人生に語る言葉」はプラス思考ではありません。「真実を見る」ということです。

人生に起きる真実とはなにか?

では、あなたの人生に起きる、すべての出来事の奥に見見える「真実」とは何でしょうか?
「真実」とは、あらゆる出来事は素晴らしい人生を送るために与えられた、「ありがたい」信号です。
無理やりそう思い込もうとする必要はありません。「そうなのかなあ」くらいでもいいでしょう。
しかし、ぜひこの【人生に語る言葉を変える法則】を使って、その「真実」をあなた自身で発見していただきたいのです。
「真実」を発見できたとき、あなたの悩みは一瞬で消え去るでしょう。

たった言葉を変えるだけ。それだけと思われるかも知れませんが、言葉にはそれだけの力があります。そして「真実を見る」これがあなたの人生を大きく変えるきっかけになります。今までは、私の人生は最悪だった……そこから私の人生は最高!に変わる瞬間です。現在、過去、未来、全てが。
このように、あなたの人生も最高に変えてみませんか?まずは、その第一歩を踏み出してみましょう。