感謝の気持ちを持つというのは、当たり前に思えても、なかなか日常の中で感謝を表したり、言葉として伝えることが出来なかったりするものです。

人はかならず誰かと関わりあい生きています。何かを食べるにも、どこかへ移動するにも、家でゆっくりしているとしても、誰かが関わったものと接しています。今の状況があるのは誰かのおかげなわけです。

そして、今生きているのは、産んでくれた両親やご先祖様。すべて繋がって今のあなたが存在しています。

そういう意味でも誰かとかかわりあっていることへの感謝というのは忘れてはいけません。

もし仮に勝手に生まれて、私の食べ物も家も全部自分で作ったと言う人がいたとしても、今度は地球と関わっています。そして宇宙とも関わっているといえるでしょう。食べ物や建物が作れても、さすがに宇宙や地球はつくれないはずです。

話しのスケールが大きくなってしまいましたが、人は誰かや何かと必ず接しているということです。それを当たり前と思う心と、いつでも感謝をしている心では、どちらに良いことがやってくるでしょうか?

もちろん後者になりますが、頭では感謝が大切なのは理解しているけど、なかなかできないものですよね?

しかし、本当の自分に出会うことで、感謝の気持ちが自然と湧き上がってきます。

本当の自分に出会うことで、今までの悩みがすべて消えてしまうことがあります。1つの悩みに対して答えを求めていたのが、全ての問題の答えが本当の自分に隠されていると言っても過言ではありません。本当の自分に出会うことで、悩みを解決し人生を楽しく豊かに過ごしている。そういったお客様が多数いらっしゃいます。

実際に、本当の自分に出会い、悩みを解消したお客様の声をいただいております。
今回はその中からAさんのお話を事例として紹介していきます。

感謝の気持ちが対人関係のベースに

東京 K・A 美術商
「私は今まで、仕事や目標といったものが先行して、人に対する愛情が希薄だったような気がしていました。感謝の気持ちがない人だったと自分では思います。」

Aさんは、自分に一番足りないものを求めて本当の自分に出会うために講座を受講しました。そして、その中で愛の原点を自覚することができたのです。

「どれだけ父や母から愛情を受けていたかを、改めて知ることができました。そうしたら、両親に対する感謝の気持ちが自然と心から湧いてきました」

この体験によるその後の変化について、彼はこのように語ってくれました。

「あれから「感謝」の自覚があります。人に対する時でも、今までと比べると感謝の気持ちがベースになってきたように思います。ビジネスにおいては、私が受講する少し前くらいから流れはできていましたから、必ずしも講座のお陰だけではありませんが、あの頃からダイナミックな動きが出てきて、出会いのスケールが変わってきました。
まだまだ私は中途半端で、ビジネスの現場にいると欲の想いが勝ってしまうことも多いのですが、それでも私にとっては、とてもいいきっかけになったと思っています。ですから、後は自分で工夫していかないと、と考えています。今までいろんなセミナーを受けましたが、初めて風穴をあけてもらったという感じですね」

本当の自分Before・After

Before

  1. 仕事が先行して、人に対する愛情が希薄だった。
  2. ビジネスにおいてダイナミックな流れができ始めていた。

After

  1. 人に対する時、感謝の気持ちがベースになった。
  2. ビジネスがダイナミックになり、出会いのスケール」が変わった。

「欲の想いが勝ってしまう」とおっしゃっていますが、欲がダメなのではなく、もっと大きな欲、無限の欲に目覚めればいいのです。それが、小さな欲をなくす一番の秘訣なのです。一万円しかなければそれにしがみつきますが、千万円あれば、一万円くらいすぐ誰かにあげることはできるでしょう。一番大きなもの、この地球をいただいていると思えば、小さな欲にはとらわれなくなるのです。

本当の自分に出会うこと

本当の自分に出会うことで、人生のさまざまな悩みや問題を解決することができます。それだけでなく、今まで以上に幸せで豊かな人生をおくることができます。
何かを変えたり出来るようにしたりするのではなく、もともと自分の中にある本当の自分に出会うことで人生が大きく変わることになります。

あなたも本当の自分に出会い、人生を変えてみませんか?